徐々に気づかれ始めた秘密


ビジネスセミナーなどでコンピテンシーという言葉をよく聞きます。

成功者の行動特性といったような意味で使われますが、これまでは成功者のやり方を真似していればよかったのです。
  

しかし、この変化の激しい時代になってくると果たしてコンピテンシーは機能するのでしょうか?
 

これまでは答えをもった上司がそれぞれに仕事を振り分け、行き詰まっても上司に聞けばなんとかこなしていけたのです。
今では上司と言えども答えをもっているわけではなく、先のことは誰にもわかりません。
 

このことに徐々に気付き始めたビジネスエリートたちは、過去の成功体験などにはこだわらず、
自走できる個のチカラを集めて、組織を変革させようとしただと思います。
 

それこそがコミュニケーション技術であり、コーチング的手法での組織マネジメントなのです。

個々の可能性を最大限に解放させ、それぞれの社員たちを人生の主人公なのだと気づかせてあげる作業、
それこそがコーチングなのだと信じています。
もちろんこれは会社組織だけに限らず、家庭や友人関係においても同じですね。
 

▶︎成功や幸せのヒントを一緒に探しましょう

CLARITY Coaching

プロコーチ/特定社会保険労務士/行政書士/中村琢也

0コメント

  • 1000 / 1000